.

in KAWAGUCHI Vol.15

in KAWAGUCHI Vol.16

ブログ

予約

.

こどものための 朗読者 in KAWAGUCHI

筥﨑山 地蔵院(はこざきさん じぞういん)
(なら時代ごろにたてられたといわれているお寺)
 川口市桜町5-5-39 048-281-1347   * map

2015.08.25 火ようび 15:30から(開場は15:00)

料 金  500円  ※要予約 ※大人のみの参加も可   お申込はこちら

対象学年 小学校1年生から6年生 ※小学1・2年生参加には、保護者の同伴が必要です。

朗読者  奈佐健臣(なさけんじ:出演) 北川原梓(きたがわらあずさ:演出)

お 話   地蔵院ご住職(じぞういんごじゅうしょく)




「 芥川龍之介 」(あくたがわ りゅうのすけ)

1892年(明治25年)~1927年(昭和2年)日本の小説家。
その作品の多くは短編(たんぺん)である。
また、「芋粥」(いもがゆ)「藪の中」(やぶのなか)「地獄変」(じごくへん)など、
『今昔物語集』(こんじゃくものがたり)『宇治拾遺物語』(うじしゅういものがたり)
といった古典(こてん)から題材(だいざい)をとったものが多い。
「蜘蛛の糸」(くものいと)「杜子春」(とししゅん)といった児童向けの作品も書いている。
日本で最も有名な文学賞「芥川賞」は、芥川龍之介の業績を記念して作られた。








「 羅 生 門 」(らしょうもん)

ある日の暮方(くれがた)の事である。
一人の下人(げにん)が、羅生門(らしょうもん)の下で
雨やみを待っていた。
広い門の下には、この男のほかに誰(だれ)もいない。
・・・・・・









「 蜘 蛛 の 糸 」(くものいと)

ある日の事でございます。
御釈迦様(おしゃかさま)は極楽(ごくらく)の蓮池(はすいけ)のふちを、
ひとりでぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。
池の中に咲いているはすの花は、みんな玉のようにまっ白で、
そのまん中にある金色のずいからは、何ともいえないよいにおいが、
たえまなくあたりへあふれております。
極楽(ごくらく)はちょうど朝なのでございましょう。 ・・・・・・









Copyright (C)2013-2017 ROUDOKUSHA in KAWAGUCHI All Rights Reserved.