.

饗宴ロウドクシャ5

in KAMAKURA Vol.3

ブログ

予約

.

朗読者 in KAWAGUCHI Vol.5

並木公民館
(市内で最新の市立公民館)
 川口市並木2-8-2 * map

平成23年2月1日に新たにオープン。JR西川口駅東口から徒歩で6分ほどの好位置にあり、多機能トイレやエレベーターなどの
バリアフリー設備を備え、また太陽光発電システムや雨水利用システムなどを導入し環境にも配慮した造りになっています。


■上演日時・・・・2014年9月23日(火・祝) 11:30開場・12:00開演 入場無料(要予約)

入場料は無料ですが、本企画を今後も継続して行く為に当日会場にて、いかほどでも"お志"をお願い出来れば幸いです。

■上演作家・・・・小川洋子 Ogawa Yoko 1962年-
         岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒。
         88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞。91年『妊娠カレンダー』で第104回芥川賞受賞。
         主な著作に『冷めない紅茶』『やさしい訴え』『ホテル・アイリス』『沈黙博物館』『アンネ・フランクの記憶』
         『貴婦人Aの記憶』『偶然の祝福』『まぶた』など。 *


「 冷めない紅茶 」

/出演:奈佐 健臣
/音楽・フルート演奏:渡部 寿珠
/演出・美術:北川原 梓
/音楽監督:河崎 純(コントラバス)
/美術・彫刻:藤原 綾人

(あらすじ)

「中学の同級生が海に落ち死んだ。その夜 'わたし'は初めて死について考えた。」
お通夜の帰り道、長い長い坂の途中で再会したK君。その夜から始まった彼との交流が、'わたし'の日常を少しずつ変えていく。
K君夫妻と過ごす不思議な時間と空間。模範的で苛立ちのつのるサトウとの暮し。K君が淹れてくれた冷めない紅茶は、'わたし'をどこへ導くのか.....
静謐にして鮮烈ー猥雑な生から透明な死へと傾斜して行く現代の危うい感性を捉えた著者代表作。1999年福武書店刊行。


■美術素材・・・・彫刻・本


Copyright (C)2013-2017 ROUDOKUSHA in KAWAGUCHI All Rights Reserved.