.

饗宴ロウドクシャ5

in KAMAKURA Vol.3

ブログ

予約

.

朗読者 in KAWAGUCHI Vol.9

並木公民館
(市内で最新の市立公民館)
 川口市並木2-8-2 * map

平成23年2月1日に新たにオープン。JR西川口駅東口から徒歩で6分ほどの好位置にあり、多機能トイレやエレベーターなどの
バリアフリー設備を備え、また太陽光発電システムや雨水利用システムなどを導入し環境にも配慮した造りになっています。


■上演日時・・・・2015年7月20日(月・祝) 12:00開場・12:30開演 入場無料(要予約)

入場料は無料ですが、本企画を今後も継続して行く為に当日会場にて、いかほどでも"お志"をお願い出来れば幸いです。

■上演作家・・・・筒井 康隆 Tutui Yasutaka *
         1934年大阪生まれ。同志社大学文学部卒業。
         14歳からの演劇活動を継続しながら、展示装飾を専門とする会社を経て、デザインスタジオを設立。
         60年にSF同人誌「NULL(ヌル)」を発刊し、江戸川乱歩に認められて創作活動に入る。
         81年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、87年『夢の木坂 分岐点』で谷崎潤一郎賞、89年「ヨッパ谷への降下」で
         川端康成文学賞、92年『朝のガスパール』で日本SF大賞、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。
         97年にフランス・パゾリーニ賞、2010年に菊池寛賞を受賞。
         97年にフランス・芸術文化勲章シュバリエ章、2002年に紫綬褒章を受章。
         主な作品に『アフリカの爆弾』『時をかける少女』『家族八景』『大いなる助走』『虚航船団』
         『残像に口紅を』『文学部唯野教 授』『聖痕』などがある。



「 佇 む ひ と 」

/出 演 :奈佐 健臣
/音楽演奏:岩城 里江子(アコーディオン)
/ダンス :新生 呉羽
/演出・美術:北川原 梓

(あらすじ)

ほんのさささやかな社会批判をしただけで、妻は街路樹にされた。
犬も、猫も、人も。
わずかでも社会の統制を乱すモノは、皆植物にされてしまう管理社会。
抗うことも受け入れることもできずに、
ひっそりと漂う恐怖に脅かされながら私は……。

未来に満ちる寂寥感をリリカルに描いた短篇。


奈佐健臣連載『佇む朗読者日記』





■鑑賞者の声・・・・

・朗読はもちろん、アコーディオンのどこか懐かしく繊細な音色の中、ダンスは、揺らめく音(朗読含む)と 視覚に自然に寄り添いながら、静と動の微妙な流れをそこに宇宙があるように絶妙に表現し、異彩を放っていた。
誰一人欠けても成立しない、三人共が絶妙なバランスで、各々独自の光を放っているようにも見えた。
アコーディオンが仄かなオレンジ色の光で、奈佐さんはモノクロ或いは寒色系の光、そして呉羽さんは、生まれたばかりの乳白色或いは白い光を放ちながら一際輝いていた。
奈佐さんも白塗りされたのは正解で、白い呉羽さんとの対比やバランスも良かったと思う。
朗読は、録音されたのも巧みに使いながら、実際の朗読でも様々な役柄を使い分けられ流石。
今回のダンスは誰もが色々な意味で良いと感じた筈だが、それは何なのか考えると、これまでと違い制約があり、自由を奪われたことで却ってより自由を得られたのか、動かないことが逆に微妙な動きをより感じさせ、ダンスを成立させていると思われる静と動の可動域が無限に広がり、それが宇宙を感じさせる絶妙な生まれたての白いダンス光をも感じさせた所以なのだと思えた。

・アートな異空間に感動しました!
早速図書館に走ったのは言うまでもありません。
あの言葉のひとこと一言、あのダンサーの佇まい、あの照明、あの演奏、あのステージという大きなキャンバスを忘れないために。


Copyright (C)2013-2017 ROUDOKUSHA in KAWAGUCHI All Rights Reserved.